こんにちは、ゲストさん 地図 | マイページ | ガイド [ ログイン ]
トピックス

iPhone版「ルートラボ」が、現在地連動に対応しました。

iPhone版「ルートラボ」が、現在地連動に対応しました。

iPhoneでルートを見る

現在地連動モードでは、自分の移動に合わせて、現在地 現在地 が常に中心になるように地図が移動します。
また現在ルート上のどの付近を移動しているのかを、標高グラフとアイコン アイコン で確認できます。
ランニングやお散歩の際など、現在地とルートの位置関係を把握しやすくなります。

あわせて、ピンチ操作での地図縮尺の切替にも対応しました。
ピンチアウト(2本指の間を広げて拡大する操作)で詳細な地図に、ピンチイン(2本指の間を縮めて縮小する操作)で広域の地図に切り替えます。

従来iPhone版ではルート再生機能を提供していましたが、外出先での利用をメインに考え、ルート再生機能の代わりに現在地連動機能を提供することにしました。

なおiPhone版ルートラボの詳しい使い方は、ルートラボの使い方ページをご覧ください。
iPhone版ルートラボは、iPhoneのSafariから「ルートラボ」( http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/ )にアクセスして使えます。
ぜひiPhoneでもルートラボをお楽しみください。