4250 4250 4340 4510 4490 4690 5070 5070 5080 5240 5110 5010 4580 4540 4940 4570 4470 4210 3960 4040 3980 3980 3870 4040 4020 4030 3980 4350 4280 4190 4160 4320 4110 4200 4350 4040 4210 4050 4050 4180 4000 4000 4100 4020 4040 4040 4040 4020 3730 3730 3950 3980 3980 3990 4020 4180 4180 4030 4330 4020 3810 4130 4140 3970 4130 3960 3940 4060 4240 4380 4510 4250 4300 4340 4540 4560 4440 4440 4270 3720 4110 4420 4360 4290 4330 4250 4240 4250 4200 4230 4060 4060 4100 4120 4230 4250 4410 4270 4510 4400 4400 4370 4260 4480 4480 4520 4620 4310 4310 4270 4440 4420 4460 4340 4210 4190 4100 4030 4110 3970 4020 3960 3990 3990 3970 3940 3850 3850 3860 3870 3840 3840 3840 3840 3580 3620 3680 3700 3830 3890 4080 4180 4190 4300 4250 4230 4410 4270 4510 4430 4450 4450 4470 4550 4710 4560 4460 4500 4650 4500 4590 4680 4750 4750 4830 4780 5010 4930 5100 4930 4850 4780 4900 5010 5050 4870 4870 4790 4750 4580 4420 4580 4520 4450 4450 4200 4200 3870 4000 4020 4020 3910 4180 3650 3920 3970 3760 3890 3670 3630 3550 3540 3440 3270 3540 3440 3300 3390 3580 3260 3260

会津中街道(松川新道・宇都宮街道) 田代から上小塩を歩く

田代~田代峠~若郷湖~桑原~舟子~舟子峠~上小塩
いわゆる田代通りです。本当の桑原宿は、若郷湖の底に沈んでしまいました。舟子の一里塚の先に茶屋跡があり、旧道はその脇を入っていく山道です。舟子林道はいわゆる三方道路を基に作ったもので、会津中街道と思われる道跡が林道下の斜面に残っています。しかし途中崖崩れで迂回しなければいけない部分もあります。「座頭転ばし」と呼ばれたつづら折れを降りていき、トンネル上に出てきて線路を渡り、土手の上の道跡を行くと、引下集落の一番端にある家の軒先に出てきます。

場所

福島県南会津郡下郷町大字高陦 ~ 会津若松市大戸町大字上小塩

タグ

距離

最大標高差

平均斜度

全体:
上り:
下り:

獲得標高

上り:
下り:

想定所要時間

車:
自転車:
徒歩: